新築の印象として、外から見た時に外観として窓の印象が残ります。センスのある窓の場合は、外観としてとてもよくなるのです。輸入住宅は、その一つですね。窓がデザインの一部となっているので、その意味でも窓というのはとても重要と思う事があります。

そしてまた、窓が広いと明るいということもありますね。部屋が明るいと、とてもいいです。気分まで明るくなるのでそんなふうに窓を考えることも大切と思うようになりました。

その時、南側だとより日差しが差し込んで冬ならとても暖かく感じます。夏は、風通しが良くなるので、広い窓というのはいいですね。

しかし北側に設置した時に、広い窓があると明るいと思う反面、少し寒いと思うことがあります。子供の部屋の窓は、北側でベッドを配置しているので、より寒さを感じるようです。しかし、そこしかベッドをおくことができないので仕方がありません。寒さに弱い人は、窓の大きさも考慮することが大切と思った事でした。